女子サッカーワールドカップ2011で、なでしこジャパンは悲願の優勝を果たしましたが、これは本当にすごい事ですよね。(笑顔)この大会に出ていたアメリカ、イングランド、ドイツなどは強豪チームとして知られています。(笑顔)

それ対して「なでしこジャパン」の日本は、コロンビア、メキシコと言ったチームはパワーと言うよりテクニックを駆使しています。それで華麗に見えて戦っている人が感じが多いと思います。こうした図式は、男子サッカーにも当てはまります。その時の進化の過程を今の女子サッカーが進んでいるような感じがします。その結構見ていて面白い所があると思います。~だからこそ、パワーではどうしても劣るなでしこジャパンが優勝した時には、美しいプレー、華麗なプレー、テクニック溢れるプレーが多く取り上げられました。そう思います。(笑顔)

ニアサイドに入れて澤が脚の側面で蹴って入れたシュートがありますよね。知ってますか。冷静に決めた宮間のシュートがあります。川澄のシュート等々、決して鋭い攻撃ではなかったですよね。こうした技は、男子でもなかなか見ることが出来ない技だと思います。(汗)パワーが無くても柔があると言うように柔と繊細さを兼ね備えた感じになりますね。それが美しい様に感じます。(笑顔)そして、男子のサッカーの進化の過程にも似ているのではないでしょうか。そう思います。(笑顔)

関連ページ