非常時における防災ボランティアの注意点とは?

人間一人ではやれることに限界があります。
当然のことですが、地震などの災害時における防災ボランティア活動に関しても同じことが言えます。
いくら地震が起きて被災地が大変でもボランティアに行ってみてもやれる事と、やれない事がありますよね。
(汗)そこで防災ボランティア活動に関する注意点について何点か挙げていますので、参考にしてください。
<防災ボランティア活動に関する注意点について>■先ずは自分の力を見極めて活動するようにしましょう。
それが大切です。
いくら被災者に頼まれたからと言って無理なことを引き受けてしまっては怪我の元ですよ。
その辺は注意しましょうね。
■次に防災ボランティアに行った時に、被災者の気持ちをできるだけ分かろうと努力してみてください。
自分が被災者の立場になってみたら言えないことも出てくるでしょう。
自分の判断を被災者に押し付けないようにすることを気をつけましょうね。
ボランティア活動は、非日常のことです。
非日常なだけにテンションも上がって飲み過ぎてしまうこともあるでしょう。
その時に周りに迷惑をかけてしまうなんてこともあります。
その辺は注意してくださいね。
■また普通のボランティア活動を違い防災ボランティアでは、常に危険と隣り合わせになります。
被災者、他のボランティアの方などを巻き込まないためにもボランティア保険に加入するようにしましょう。
その方が安心して活動できますよね。
■最後に何回もボランティアをしている人にありがちなことです。
それは過去の経験談を武勇伝の様に語る方がいます。
それは止めましょう。
(汗)
非常時に備えて 〜心構え〜